柴犬飼いの私が換毛期の凄さをご紹介!定期的なブラッシングが必要なわけ | 和と柴犬好きのぶろぐ

柴犬飼いの私が換毛期の凄さをご紹介!定期的なブラッシングが必要なわけ

スポンサーリンク

換毛期とは?

柴犬を飼っている人なら、毎回悩まされる人も多いのではないでしょうか。

フローリングや洋服、至る所に抜け毛だらけ…。

柴犬がと思う人もいると思いますが、その柴犬がなんです!!

私は、柴犬を飼うまでは犬を飼っていなかったので、換毛期の時期になったらビックリしてしまいました!

普段から抜け毛は多いのですが、換毛期の時期になると比べ物にならないのです。

おかげさまで、毎日掃除機がフル稼働している状態・・・

今では慣れっこになりつつありますが、抜け毛の多さには毎回悩まされます…。

そんな換毛期とは、犬の衣替えの時期だと思ってもらえればと思います。

換毛期の時期

柴犬の換毛期は、1年に2回、「春」と「秋」に訪れます。

柴犬の毛は、「ダブルコート」といって、オーバーコートとアンダーコートの2種類の毛質で構成されています。

オーバーコートとは、(外側の硬い被毛)雨や雪を地肌から守り、尚且つ刺激から守る役割を持っています。

アンダーコートとは、(内側の柔らかい被毛)体温調整や紫外線から皮膚を守る役割を持っています。

春の換毛期とは、冬の毛から夏の毛に生え替わる時期になります。

秋の換毛期とは、夏の毛から冬の毛に生え替わる時期になります。

換毛期にはアンダーコートが抜けるため、日本の四季に合わせられるようにできていると言われております。


柴犬以外のダブルコート

秋田犬、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリー、シベリアンハスキー、ポメラニアン、コーギー、ミニチュア・シュナウザーなど

ブラッシングの重要性

柴犬はダブルコートな犬種でもあるので、ブラッシングは必要不可欠となってきます。

冬の毛から夏の毛に切り替わる時期というのは、温度に上昇など、体に残った毛が毛玉となり、通気性が悪くなってしまい皮膚トラブルを起こしてしまう危険性がでてきます。

皮膚の新陳代謝が下がってしまうのも、その原因が挙げられてきます。

皮膚を健康に保つためにも、換毛期の時期は毎日ブラッシングをしてあげられるのが理想です。

毎日が無理な方は、週に2~3回ブラッシングをしてあげてください。

ブラシ種類

ブラッシングをする際には、いくつか必要になってくるものがあります。

最低限用意したいもの

・スリッカーブラシ(細かい針金がくの字状についていて毛玉を落としやすいブラシ)

・ピンブラシ(金属製のピンがついていて、先端は皮膚を傷つけないようボール状になっています。毛玉を落としやすく皮膚を傷つけにくいブラシ)

・獣毛ブラシ(毛が柔らかく、被毛の表面を整えてあげると毛がキレイになり艶がでます。最後の整えなどに適しています。)

・ファーミネーター(ダブルコート専用のブラシになります。歯がバリカンのようになっているので、強めにはあてないでください!ブラッシングをするには、1番抜け毛を取ることができるものではないでしょうか。)

【FURminater】ファーミネーター【中型犬】【短毛種用】M

価格:5,030円
(2019/5/25 22:12時点)
感想(15件)

その他

ブラッシングをする際は、抜け毛がすごいので掃除機があった方が便利でしょう。

まとめ

柴犬はダブルコートな犬種であります。

年に2回、換毛期が「春」と「秋」にやってきます!

柴犬は、普段から抜け毛は多いのですが、換毛期の時期は比べ物になりません。

皮膚病などの病気にかからないためにも、毎日のブラッシングをおすすめします。

愛犬に触れることによって、スキンシップにもなりますので楽しんでやってもらえればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする