犬を飼うのも何気に難しい | 和と柴犬好きのぶろぐ

犬を飼うのも何気に難しい

犬に対する思い込み

私は、犬はこういうものだと思っていたことがいくつかあります。

それは、犬に対しての表面上のイメージしか分からなかったからです…。

犬を飼ったことがないから当り前かもしれませんが…。

いくつか紹介したいと思います。

1、犬は思った以上に寒がり

わが家の福ちゃんは、いつもストーブの前を占領しています。

私のイメージでは、犬は寒くても外を走り回って、猫はこたつで丸くなるイメージでした。

外は走り回るものの、ストーブの前を占領するとは夢にも思いませんでした…(笑)

近づきすぎて熱くなっているのにも気づかないのでしょうか…。

熱くなってようやく気付く感じです・・・

反応が鈍いのでしょうかね・・・

日中も日向を見つけては移動し続け、そしてまた寝ます(笑)

その繰り返しで、見ているとおもしろくなってきてしまいます。

人間も寒いのは苦手なように、犬も寒いのは苦手だということがわかりました。

2、思った以上に躾けは難しい

柴犬は頑固で有名です!

躾けるには、ちょっと難しい犬種かもしれません…。

なので、出来るだけ早い時期に躾けなければ後々、大変な思いをするかもしれませんね…。

私も躾けに関して少し簡単に考えていました。

ちょっと覚えさせれば出来るだろうと、浅はかな考えをしていたせいで、今苦労しています…。

我が家が苦労している躾けは噛み癖になります。

お手やお座り、待てなどはそんなに苦労しないで覚えさせることが出来たのですが、噛み癖だけはだめでした…。

遊んでほしい時や、私たちがご飯を食べている時に、あげないとしびれを切らして噛んできます・・・

噛んだらケージに入れて、少しのあいだ目を合わせないようにしたり、噛んだら入れての繰り返しをしてもいまいち効果がありません…。

たまに、ドックランなどに行って柴犬を飼っている人に噛み癖はあるかきいてみたりしたら、「家の犬も小さい頃はよく噛んでたよ~」と言ってくれたので、少しだけ安心しました。

もう少しの辛抱かなぁ・・・

どうしても躾が上手く出来ない方は、躾け専門のドッグトレーナーの人や躾教室なども開催されているので試してみてはと思います。

お金をかけたくない方は、出来たらおやつなどをあげて褒めてあげるのも効果的かと思います。

3、散歩

よく犬の散歩をしている人を見かけると思います。

朝、晩の2回散歩に行かせられれば理想ですが、仕事をしていて余裕もない人もたくさんいるでしょう。(夕方でもOK)

我が家も夫婦共働きで、特に朝は余裕がありません…。

なので、夜しか散歩をさせてあげることが出来ないのです…。

「福ちゃん散歩」と言うと、喜んで早くしろと言わんばかりに玄関に向かう時もあれば、なかなか動こうとしない時もあります。

そのような時は、私が玄関に行って「散歩に行くよ~」と合図を出しますが、近くまでは来るものの何か警戒しているような感じです。

なので、リードをしようとしても嫌がります…。

渋々、リードをつながれるとウソのように自ら引っ張って歩き出します!

やる気スイッチみたいなものですかね・・・(笑)

柴犬は猟犬なので、ちょっと多めに散歩をさせてあげたほうがいいかと思います。

散歩の量が少ないとストレスも溜まってしまうので、面倒かもしれませんが健康のためと思って我慢してください(笑)

4、昔と違って、今の時代は室内飼いが多い

私が子供のころは、犬は外で飼っているのが普通でした。

番犬として飼っていた人も多かったのではないでしょうか。

今では家の中で飼うのが一般的になってきています。

我が家でも新築だったので、家の中は~ともなりました…。

しかし、いろいろ考え家の中で飼うことに決めました!

案の定、新築の家が傷だらけになりましたが・・・(笑)

自分たちで決めたことだからしょうがないと、なかば諦めです…。

今思えば、室内飼いで良かった気がします!

夏には蚊も増えてフィラリアという病気にも感染したり、人間でも夏の暑さにはなかなか耐えることができません。

犬でも同じです!

なので、我が家の福ちゃんもそれなりに快適に過ごせているんじゃないでしょうか(笑)

まとめ

犬を飼ってみて、自分で思っていたことは結構違っていたことが分かりました。

犬だからと自分の中で決めつけていただけで、人間とそんなに変わらないんだと考えが変わりました!

寒いのも暑いのも苦手!美味しいものは食べたい!歩きたくないときはダラダラしてる(笑)

私たちと同じなのです(笑)

そんな時は、愛犬とやさしく接してあげてもらえればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする