福は、タヌキ顔?それともキツネ顔? | 和と柴犬好きのぶろぐ

福は、タヌキ顔?それともキツネ顔?

柴犬と言えば、日本犬の大表であると言えるんではないでしょうか。

近年、柴犬は日本だけではなく海外でも人気になっています。

その柴犬の魅力は日本だけではなく、海外でも浸透しているということでしょうね!

癒しをくれる可愛さ!そして、何とも言えない安心感!

飼い主の帰りを扉の前で待つ、忠犬!

飼い主であれば、ほっとけなくもなる存在だと思います。

柴犬の魅力

我が家では、柴犬を飼い始めて1年4か月が過ぎました!

柴犬には子犬のころの可愛さだけでなく、成犬の可愛さもあります。

子犬のころは、コロコロしていて、人形みたいな可愛さがあります!

成犬には、子犬のころの可愛さとは違い、表情も豊かになり、大人の可愛さも出てきます!

そんな柴犬と言えば、忠誠心!

仕事から帰って、扉の前で待ち構えている姿は、まさに忠犬そのもの!

柴犬は、あまり甘えない犬種でもあります。

そんな柴犬でも、ときには甘えることもあります!

飼い主に撫でられると、ひっくり返って甘噛みなどをして甘えてきます!

そのギャップも可愛さの一つとも言えるのではないでしょうか。

我が家の福ちゃんは、飼い主が部屋にいる時など扉の前で泣いてきます!

「寂しいから早く出て来てよ~」と言わんばかりに・・・

出て行けば、金魚の糞みたいに、どこを行くにも後をついてきます(笑)

そんな時は、恥ずかしながら赤ちゃん言葉になって撫でてしまってます(笑)

甘えることは少ないですが、寂しがりやなのでしょうね…。

柴犬を飼っている人は、そんなギャップがあるから更なる可愛さが増すのではないでしょうか。

柴犬にはタヌキ顔とキツネ顔の二種類ある

柴犬と言っても微妙に顔が違うのをご存知でしょうか。

私は、柴犬を飼うまで全然気が付きませんでした…。

確かに、言われてみれば微妙に顔が違うような気がします…。

その中でも代表的なものが、俗による、タヌキ顔とキツネ顔の二種類になります!

タヌキ顔とは、顔が真ん丸としていて愛嬌がある顔つきをしています!

体格もどちらかといえば、コロコロしているような気がします。

キツネ顔とは、顔つきがシャープなイメージ!

体格もしっかりしていて、凛々しい感じです。

どちらも柴犬には変わりませんが、面白いものですね!

子犬から飼うには、成犬になったときに、どちらの顔つきになるかわ分かりにくいかもしれません…。

ブリーダーさんのところならば、系統や子犬の両親などから見て大体は判断できる様な気がしますが、それでも100%判断するのは難しいと思います。

ペットショップでは、子犬の両親は分かりませんので判断自体、厳しいのではないでしょうか…。

どちらにしても、柴犬には変わりはないので、可愛さに変わりはないと思います。

我が家の柴犬は、今現在キツネ顔です!

なので、この先もタヌキ顔に変わることはないでしょう。

タヌキ顔がいい人や、キツネ顔がいい人など、飼い主の好みによっていろいろ分かれるでしょう。

柴犬には、二種類の顔があることや、その中でも微妙に顔が違ってくること、そう考えると面白い犬種であるのではないでしょうか。

まとめ

今や柴犬の可愛さは国内外問わず、絶大的と言えるでしょう。

その可愛さや、忠誠心など、柴犬が私たちを虜にする要素はたくさんあります!

人間と同じで、一匹一匹が顔つきも違えば性格も違います!

表情も、しぐさも、飼い主にも似てくるとも言われています。

そんな柴犬の魅力を存分に出してあげて、愛犬の魅力をアピールしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする