動物愛護指導センター | 和と柴犬好きのぶろぐ

動物愛護指導センター

最近、テレビのニュースで飼い主が愛犬を蹴り飛ばす映像を見ました。

見た瞬間に衝撃を受けて、思わず「信じられない」と言葉が…。

だんだんと怒りも湧いてきて、腹立たしくもなり、心が痛くなったのを思い出します…。

飼い主なら、しかっり責任をもって飼ってもらいたいものです!

人間でも同じ!弱者だと思って、俺は偉いんだ!的な人を見ると情けなくなります・・・

もう少し大人になってもらいたいものですね…。

動物愛護指導センター

今から1年半前に、動物愛護指導センターというところに行ってきました。

ここは、迷子になった犬や猫を保護したり、訳があって育てていけなくなった犬や猫を保護したりするところです!

もし、犬や猫を飼っていていなくなってしまったりしたら、各都道府県の動物愛護指導センターに連絡してみてはと思います。

迷子になった犬や猫は、保護されているケースもあるみたいです!

ここでは、飼い主が出てこない犬などを、定期的に飼い主を募集する譲渡会というものを開いております。

譲渡会とは、ある条件を満たせば犬を譲ってもらえるというものです!

さすがに、ペットを飼えないアパートなどに住んでいる人などは対象外になってしまいますよね・・・

この動物愛護指導センターで譲渡会に参加したい場合には「犬譲渡事前講習会」に参加しなくてはなりません。

講習会自体は、2時間ぐらい話を聞けば、最後に「受講認定証」というものをもらえますので、発行された日から3年間は有効期限があります!


その間に、自分が飼いたいと思った犬がいたら、譲渡会に参加するというかたちかと思います。

しかし、飼いたいと思った犬が、もしかすると他の人も飼いたいと思っているかもしれません…。

そのような時は、私が参加した譲渡会ではじゃんけんでした・・・(笑)

他の都道府県ではどのように決めているのかは、私もちょっと分かりませんが(笑)

このように、犬を飼うということは、ペットショップやブリーダーさんだけではなく、譲渡会というかたちもあるので参考にしてみてはと思います。



犬を飼う責任

犬や猫を飼う人が増えていますが、飼い主の身勝手な理由により、全国で毎年10万頭もの犬や猫が殺処分されているのをご存知でしょうか…。

情けないことに、私も知りませんでした…。

犬や猫を飼っていて、育てられず捨ててしまう人なんかも少なくないと思います…。

飼っている間に、去勢・避妊手術をしてなければ、捨ててしまった後に繁殖の原因にもなるでしょう…。

このようなことが起こらないよう、犬を飼ったからには最期を看取るまで責任をもって面倒をみてください。

意外に知られていないかもしれませんが、動物を捨てることは犯罪ですので絶対にしないでもらえればと思います!

どうしても飼い続けることができなくなってしまった場合は、必ず新たな飼い主さんを探すなど、飼い主としての責任を果たしてもらえればと思います。

まとめ

私もちょっと偉そうなことを言ってしまったような気がします・・・(笑)

この動物愛護指導センターに出会わなければ、まったく知識などありませんでした。

動物愛護指導センターの講習会に参加して、犬を飼うためのマナーや予防接種、犬の躾けなどたくさんのことを教わり、犬に対しての意識も変わりました!

犬を飼うことによって、飼い主となり、そして責任を持つということ、犬を飼う上では非常に勉強になりますので、機会があったら是非参加してみてはと思います。