初めて知ったセラピー犬 | 和と柴犬好きのぶろぐ

初めて知ったセラピー犬


今日は、天気も快晴!暖かくてポカポカ陽気な1日でした。

世間一般では、インフルエンザも落ち着いてきたみたいですが、私の会社は今がピーク…。

続々とインフルエンザで休む人が急増…。

私も移らないように気を付けなければ‼

疲れやストレスなどで免疫力が低下していると、病気もかかりやすいので、みなさんも気を付けていただければと思います。

私は、愛犬に触れることによって、日々のストレスは抑えられているかもしれないけれど、さすがに疲れだけは愛犬でも無理みたいです・・・(笑)

ドッグセラピー

みなさん、ドッグセラピーという言葉はご存知でしょうか?

私は知りませんでした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドッグセラピー英語:Dog Therapy)とは、動物を使った治療方法であるアニマルセラピーの一種で、高度に訓練された「セラピードッグ (Therapy dog) 」を介在させることにより、高齢者認知症自閉症など様々な障害を持つ人々に対し心や身体のリハビリテーションを目的としたプログラムを実施することである。広義では、一般の人々が犬と触れ合うことによって精神的情緒的安定や、身体的な運動機能回復効果が得られることを目的とした活動。もしくは様々な虐待遺棄ストレス等によって傷ついた犬に対し、人間社会との共存を目的とするリハビリテーションに対しても使われることがある。

セラピードッグ

セラピードッグは、人への忠誠心と深い愛情で、高齢者を始め、障がいを持つ方や病気(癌や精神)の治療を必要とする患者さんの身体と精神の機能回復を補助する活動をしています。セラピードッグ達が患者さんの心身の状態と向き合い、リハビリに寄り添うことで記憶を取り戻したり、動かなかった手や足が動くようになる効果があります。国際セラピードッグ協会では、犬達の個々の能力や性格を大切に育て、対象となる方々の症状に合わせた治療のケアーをしています。

まとめ

このセラピードッグという犬を知り、こんなにも素晴らしい活動をしているなんてびっくりさせられました!

私たち人間ですら、誰かの役に立つということは、なかなか出来ないと思います…。

なのに、このセラピードッグはたくさんの人の役に立っています!

私自身も、セラピードッグを見習い、誰かの役に立てるような生き方をしていかなければと、改めて思い知らされました!

犬を飼う前と、飼ってからでは、私自身もすごく心境の変化があったと思います!

犬と触れ合うことで、癒しにもなりますし、人に対して優しくもなれるような気もします。

みなさんも機会があったら、ぜひ犬と触れ合ってみてはと思います。