柴犬飼いの私がシャンプーの手順を分かりやすく紹介 | 和と柴犬好きのぶろぐ

柴犬飼いの私がシャンプーの手順を分かりやすく紹介

スポンサーリンク

シャンプーの必要性

柴犬は毛が短いのでシャンプーなんて必要なの?と

思う人もいると思いますが、柴犬は皮膚病などの病気にかかりやすい犬種でもあるのです。

お散歩やドックランなどに行って駆けずり回れば、汚れも付着しますよね・・・

そのままにしておけば、皮脂や汚れが付着したままになり、かゆみに悩まされることにもなってしまいます。

そうならないためにも、皮膚を清潔に保つ必要があるのです。

シャンプーの頻度

柴犬のシャンプーの頻度は1ヵ月に1度程度で大丈夫でしょう。

シャンプーの頻度が短すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまい、逆に長すぎると不衛生な状態になってしまいます。

皮膚に異常がある場合は獣医師さんに相談し、様子を見ながらシャンプーを行ってください。

シャンプーの手順

1.ブラッシング

シャンプーをする前にブラッシングを行って、愛犬の抜け毛を取り除いておきましょう。

その際に、被毛をかき分けながら皮膚の状態もチェックし問題ないようであれば行ってください。

2.体を濡らす

いきなりシャンプーをするのではなく、弱めの勢いで体を濡らし、少し慣らしてか行ってもらえればと思います。

その際、シャワーの温度は35度~36度が望ましいとされています。

水が嫌いな柴犬もいますので、シャワーの勢いを徐々に強くして行ってください。

いきなり強い勢いでは、愛犬もビックリしてしまってシャンプーされることが嫌いになってしまうかもしれません・・・

3.シャンプーする

シャンプーをする際に、犬専用のシャンプーを使用してください。

人間と同じシャンプーでは、犬の皮膚に刺激が強すぎますので、絶対に使用しないように気をつけてもらえればと思います。

洗う際に気をつけてもらいたいのが、犬の皮膚はとても薄いので優しく洗い、マッサージをするように被毛の中や地肌をしっかり洗ます。

足の裏も忘れず、耳や目、口にシャンプーが入らないよう注意しましょう。

顔を洗われるのが嫌な犬の場合、無理に洗わず水を含んだガーゼやスポンジで拭いてあげるだけでもOKです。

4.洗い流す

シャンプーが終わったら、しっかり洗い流しましょう。

その際に、目や耳にシャンプーが入らないようヘッドを近づけて洗い流してあげてください。

耳周りは洗い残しが多い部分でもあり、シャンプーが残ってしまうと皮膚病の原因にもなるので十分に気をつけてください。

拭き上げる

吹き上げる際は吸収性の高いタオルなどで拭き上げ、顔や耳の中などはしっかりと拭き上げてください。

ドライヤーをする際も、タオルでしっかり乾かしていないと時間がかかってしまいますのでタオルを数枚用意し、タオルドライしてください。

ドライヤー

ドライヤーを使って乾かす際に高温にならないよう、適度な距離を保ちながら乾かします。

乾かす時にブラシなどを使い、毛をかき分けながら乾かしてあげると、より早く乾かしてあげることができるでしょう。

生乾きの状態だと、皮膚病の原因にもなるためしっかり乾かしてあげるのが理想でしょう。

シャンプーおすすめ

A.P.D.C. ティーツリーシャンプー&コンディショナー

殺菌・消臭効果もあり、低刺激なので敏感肌の柴犬にもピッタリ。

A.P.D.C. ティーツリーシャンプー 250ml&コンディショナー 250mlセット 送料無料 ★S あす楽対応 犬 シャンプー

価格:2,592円
(2019/5/25 22:41時点)
感想(62件)

ZOIC SPEEDYWAY 柴犬用

こちらのシャンプーは柴犬専用になります。

柴犬専用に開発されているので安心感もありますね。

ゾイック スピーディワン トリートメントインシャンプー 柴犬用(250mL)【ゾイック(ZOIC)】[爽快ペットストア]

価格:1,260円
(2019/5/25 22:32時点)
感想(0件)

まとめ

犬を飼い始めると、お手入れをしてあげなければならないことがいくつかあります。

そのなかで、今日はシャンプーの手順を紹介しました。

誰でもそうですが、犬を飼い始めると初めてのシャンプーはどのようにしてあげればいいか分かりませんよね・・・

しかし、回数も増えてくると自然とテキパキ出来るようにもなってくるのではないでしょうか。

愛犬がシャンプー嫌いにならないよう、気をつけながら楽しんでもらえればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする