サラリーマンの副業解禁時代突入 | 和と柴犬好きのぶろぐ

サラリーマンの副業解禁時代突入

スポンサーリンク

副業する時代に

平成から令和に時代が変わり2020年には東京でオリンピックが開催されます。

そんな中、最近よく耳にするようになったのがサラリーマンの副業解禁。

以前は副業を認めていなかった企業も、最近は副業OKという新たなスタイルに変わりつつあります。

企業だけでなく政府も副業を後押しする新たな時代になってきています。

日本の平均寿命も延び、老後に備えての蓄えもしていかなければいけません。

正直、年金もこの先どうなるのか分からないし年功序列や終身雇用も失われつつある現在、これからは会社に依存するのではなく自分の身は自分で守らなければいけなくなってくるのかもしれませんね。

副業メリットとデメリット

会社員をしていると「もう少し給料が高ければな~」など思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

給料を増やす手段としては残業をするか、年に1度の昇給の手段しかありません。

しかし、年齢が上がると昇給もほとんど上がらないなんてことも出てくるのではないでしょうか。

もしくは下がってしまうというケースも少なからずあるのかもしれません。

だとすれば、収入を上げるには転職するか副業をするかの選択肢しか残ってないわけです。

家庭を持っている人やそれなりの年齢になってしまった人などは転職と聞いても我慢してしまう人も多いと思います。

そうなれば収入を増やす手段は副業のみになってきます。

副業と聞いてもピーンとこない人や身構えてしまう人も多はずですが、昔からの終身雇用制度が根付いているせいもあるのかもしれませんね。

それだけではなく本業の仕事で疲れているのに副業なんて考えられない、何をしたらいいのか分からないなどの理由も考えられるでしょう。

そんな方に副業のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

副業のメリット

・収入源が増える

・人脈が増えたり知識も身につく

・趣味が活かせる(仲間ができる)

収入源が増える

副業を始める1番の理由が、収入源のアップになってくるかと思います。

隙間時間や週末、本業後の数時間に行うことで収入のアップに繋がってくるでしょう。

生活するうえでお金は必要不可欠になってきます。

お金がないとストレスともなり、不安やイライラ、最悪の場合には体調さえも崩しかねません。

お金がすべてではありませんが、お金があることによって心の余裕も手に入れることができるのです。

余裕ができると物事の判断も冷静にできるようになり、結果として良い方向に運気が変わるなんてこともでてくるのではないでしょうか。

人脈が増えたり知識も身につく

何かを始めると新しい人との繋がりも出てきます。

副業先の人たちや知識を身に着けたい方などは、資格を取ったりセミナーなどに足を運ぶ人もでてくるでしょう。

そうなると、今までだったら同じ職場の人たちと変わり映えのない話ばかりしていた状況から、新しい人脈も増え自分では知らなかったような情報やモチベーションアップにも繋がってくるでしょう。

「人脈は金脈」という言葉があるように、新たな人との繋がりから思いがけない出会いになるかもしれません。

趣味が活かせる(仲間が増える)

趣味で始めたことが思いがけないことになるというパターンもあると思います。

写真を撮ることが好きな人は撮った写真をネットで販売する。

そのようなサイトもありますので調べてみると良いでしょう。

フリマアプリなどで売ったりするのも良いでしょう。

ブログをしている人ならアフェリエイトやGoogleアドセンスに申請して広告を載せるのもできるでしょう。

趣味などを通してコミュニティーサイトで友達となり、情報を共有し合ったりすることで新たなアイデアが生まれたりもするでしょう。

副業だからこそ気楽な気持ちで始められたり焦らずにできるというメリットにも繋がってくるのでしょうね。

副業のデメリット

・本業に支障がでる

・会社の副業禁止

・税金の申告

本業に支障がでる

副業とは本業の隙間時間や週末、本業の仕事終わりの後に行うことになります。

やはり本業がメインになってきますので、疲れた後に副業ともなると気が乗らないこともでてくるでしょう。

気が乗らない、疲れている状態で副業を行うとストレスともなり体調を崩しやすくもなります。

本業の仕事で危険と隣り合わせで仕事をしている人などは、無理をしないよう気をつけてもらえればと思います。

会社の副業禁止

そもそも副業するのは個人の自由になってきますので、会社にとやかく言われるのはどうかと思いますが、あくまで副業としてやっているのであれば本業の会社は続けていくこととなるでしょう。

会社が副業を禁止しているのであればバレないようにやるか、会社が副業を禁止をしているか分からない人は、就業規則などに書いてあるかと思いますので確認してみてはと思います。

会社にバレないようにするには個人で確定申告を行い、住民税を自分で払うにチェックしてもらえれば大丈夫だと言うことです。

まれに、税務署の人が間違ってしまいバレてしまうケースもあるということを聞いたことがありますが、まれにでしょう。

税金を自分で払う

副業の収入が年間で20万円を超えてしまった場合、自分で確定申告をしなければなりません。

会社員なら会社側で行ってもらえますが、個人で副業をするとそのようなわけにはいかないので少々面倒になってくるでしょう。

ネットでも確定申告はできますし税務署に行ってもできますので、慣れない人は税務署に行って確認しながら行った方が分かりやすいかと思います。

まとめ

昨今、副業という言葉をよく耳にするようになりました。

年金2000万円問題、私達が年金を貰う頃にはどうなってしまうのかなんて不安もでてくるでしょう。

これからの時代は、「自分の身は自分で守るしかないのかな~」など考えてしまいますよね。

そうなれば、やはり収入を増やすには副業しかありません。

副業と言ってもたくさんあり、自分の得意分野を活かす、勉強して資格を取りその道で活躍する、不動産などの家賃収入を得るなど様々の方法があります。

副業に興味がある人はぜひ自分に合った方法で副業を見つけ、少しでも収入をアップさせたりモチベーションをあげたり新しい自分を発見してもらえればと思います。