有意義な30代を送るためには | 和と柴犬好きのぶろぐ

有意義な30代を送るためには

スポンサーリンク

働き盛りの30代

30代といえば、会社でも中堅的存在にもなってくる年代ではないでしょうか。

20代の頃とは違い、仕事も覚え余裕も出てきて手の抜くところなんかも分かってきますよね。

しかし、役職などが付いてくると上司や部下からの板挟みなんてことも起きてきます。

一方、結婚や出産、マイホームなどお金のかかってくる年代にもなってくるのです。

そんな30代を迎えられる人に、有意義な30代、そして40代に繋げてくにはどのように過ごしたら良いかをご紹介します。

ONとOFF

忙しい30代だと、休日にもかかわらず上司から連絡がくる・・・

会社では終わらなかった仕事を家に持ち帰ってくるなんて人もいるのではないでしょうか。

そうなれば仕事に対してのONとOFFの区別なんてありませんよね。

休みの日ですら家族や生活のためには我慢して働かなければならない・・・

そのような人は、非常に責任感の強い人にあたるでしょう。

日本人にはこのように責任感の強い人が多いと言われており、真面目な人間が多い国なのでしょうね。

仕事人間になるのは構いませんが、それをきっかけに体を壊しては元も子もありません。

そのようなことにならないためにも、ONとOFFをしっかりとつけリフレッシュをしてもらうことをおすすめします。

お金を貯める

お金を貯めるといっても、なかなか貯めることって難しいですよね。

私もそうでしたが、20代の頃はお金があればあるだけ使ってしまうようなタイプだったので、今になって毎月少しでもいいから定期預金でもしておけば良かったと後悔しています・・・

しかし30代に入り子供の中学入学、高校入学などを考え、お金が出ていくことが目に見えているので定期預金を始めたのです!

そのおかげで、その時にくるお金の悩みは解消されそうです。

このように、30代からお金を貯め始めても決して遅くはないのです!

20代から始める方がいいですが、気づいたときに行動すれば行動しないよりは確実に貯まるからです。

貯めることもいいのですが、これからの未来を考えて投資をすることもおすすめします。

なぜかというと、お金を銀行に預けてもほとんどと言っていいほど利息はつきませんよね・・・

むしろ、お金を引き出すとしたら時間帯によっては手数料を取られてしまうようなことも起きてきます。

だとしたら、そのお金を投資に充てた方が増える可能性は高くなります。

投資といって身構えてしまう人も多いでしょうが、知識を入れることによってリスクを少なくすることは可能なのです。

無知=リスクなので勉強をすればリスクを少なくすることは可能。

このように、お金は使うもの、貯めるものだけでなく、増やすこともできるということに興味を持ってもらうのも良いのではないでしょうか。

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本

人に流されない

気の弱い人や嫌われたくない人などは、どうしても他人に合わせてしまうこともありますよね・・・

無理に作り笑顔をしたり、気が乗らないのに誘いを断れない、俗にいう「いい人」になっていませんか・・・?

私も昔は「断れない」「愛想笑い」などを演じ、いい人だったのです・・・

しかし、いい人を演じるのも疲れます・・・

ある時、「他人にどう思われようかではなく、自分がどうありたいか」という言葉に出会ったのです!

この言葉をきっかけに、自分が思っていることに出来る限り素直でいようと決めたのです。

どんなにいい人でも万人に好かれるのは無理です。

どんな状況でも、自分のことを思ってくれる人だけいれば良いのではないでしょうか。

昔からの性格でもあるのですべてを変えることは難しいですが、考え方を変えることは可能です。

他人にどう思われるかよりも、自分の気持ちに正直に生きることも必要なのかと感じます。

他人に流されない人ほど上手くいく (ソフトバンク新書)

新品価格
¥802から
(2019/11/2 17:15時点)

まとめ

30代になれば20代の頃のような考え方ではなくなってきますよね。

仕事に対しても責任感が出てきたり、家庭に対しても守らなければという使命感のようなものも出てきます。

これは確実に20代の頃より成長している証拠です。

そんな30代を、いかに有意義に過ごせるかが40代に繋がっていくポイントにもなってくるのではないかと思っております。

私も来年には40代に突入します!

残りの人生も折り返し地点にきたので、これからの人生は「いかに楽をして楽しめるか」を考え行動していきたいと考えておりますので、皆様もぜひ、有意義な人生をお過ごしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする